星ノ環とは/農園星ノ環は赤城高原の北麓、標高約750メートルに位置する群馬県昭和村の農業生産法人です。2005年に開拓農家の三代目星野高章が設立しました。社員、パート、外国人実習生らと共にレタス・小松菜・ほうれん草などの高原野菜を栽培しています。

農園星ノ環の畑(写真)

企業理念

農から生まれる喜びの種を蒔き続けその実りを共有する

ミッション

農業の力で社会的課題を解決する

    ビジョン
  • -みんな幸せな社会-
    人と人のつながりを大切にしていきます
  • 生産活動を通して身体の健康を、
     農村の暮らし体験を通して心の健康を提供します
  • 命を育む農業に誇りを持ち、
    仕事を楽しみ、成長しつづけます
  • 受け継いできたものを大切にし、
    1000年後も農業を営み続ける豊かな大地と人を育てます
    ポリシー
  • 「まず、やってみる!」
  • すべてのものに感謝して全力で行動する
  • 野菜にかけたやさしさは食べた人に必ず伝わる
  • 「小さな思いつき」「多くの失敗」を積み重ね、新たな価値を創造する
  • 働くことを楽しみ、仲間と喜びを分かち合う
  • 一流を目指し、自らを磨き続ける
  • 他者に関心を持ち、対話によって理解し合う
  • 野菜にも命があることを忘れない
    社内の環
  • [社内コミュニケーション]
    社内のコミュニケーションを大事にしています。毎日の朝礼や終礼はもちろん、毎月一回開催している社内懇親会では、書き初めや、流しそうめんをしたりなど、季節の行事を楽しみながら親交を深めています。
    アジアとの環
  • [外国人実習生]
    1995年より外国人実習生の受け入れをしています。帰国後、現地のリーダーとなる人材に育ってほしいと農業技術だけでなく、いかなる状況・環境もあきらめない精神を身につけて自立型人材の在り方を伝えています。
    一緒に働く人との環
  • [人が野菜と一緒に育つ農場]
    農業の技術だけでなく、自ら考え、行動できるようになること。また農業経営を身につけてもらうため、毎月1回会計事務所で行われる月次報告会では実績の振返りだけでなく、キャッシュフローについてなどを学びます。

スタッフについて

農業の仕事は天候に左右されますが、星ノ環のスタッフたちは環境や周りの人のせいにせず、
常に前向きに仕事に取り組んでいます。
自らおかれた環境で日々の仕事から学び成長する姿は、野菜と同じです!
海外からの実習生たちともチームで働くことが多いので、コミュニケーションを図り、
相互支援の精神で互いに助け合い協力して仕事を進めていきます。

先輩の声

2010年入社 川村 夏恵(岩手県出身)

  • 今のわたしの仕事は…
    入社6年目になり、会社の主力商品であるレタスの育苗、小松菜、ほうれん草の管理、作付け計画や種まきなど責任ある仕事を任されるようになりました。会社が主催する収穫祭などのイベントの企画・運営もしています。
  • だからこの仕事が好き!
    毎日、ごはんが美味しい。畑仕事をした後のごはんは格別においしいです。
  • 仕事以外の楽しみもある。
    月に一回の社内懇親会や年に一回の社員旅行での息抜きはみんなの意外な一面が見れたり、お互いをよく知るのは楽しい。

  • 信頼できる仲間がいる。
    星ノ環の仕事は一人では完結しません。社員、実習生、パートさん、それぞれの立場で「みんなのために何ができるか?」と自分の役割を全うしている姿を尊敬しています。
  • 入社してよかったことは!
    実家は農家でしたが、大学は青森で歴史学を専攻。農業生産法人で農業サラリーマンとして働いたことで、農業専門知識はなくとも、収穫や日々の仕事を通して農業の知識を学んだり、会計事務所での月次の決算報告会などで財務の勉強、たくさんの人と働くことで人間関係も学べました。

    また、世界農業ドリームプラン・プレゼンテーションのプレゼンターとして勉強会やプレゼン大会に出場したり、農水省の事業の一環である「女性農業次世代リーダー育成塾」も受講させてもらいました。
    自らが学びたいと思えば、外部の研修にも積極的に参加させてもらえる会社なので、社会人として成長することができました。
  • メッセージ
    小さなことをひとつひとつ積み重ねて大きな成果を得る。野菜が日々成長する姿に励まされる毎日です。すべてがつながっているという感覚をたくさんの人と共有したいです。

これからも種をまきつづけます!